自分のまつげを長く、ボリュームも出せるケアプロストは今人気があります。

ケアプロストを使用する際の注意点がありますので見ておきましょう。

この製品は美容液ではありません。育毛剤でしかも医薬品です。まつげのための育毛剤として医薬品指定でアメリカでは承認されている製品です。まつげには、上下関係なく使用することができ、眉毛の育毛にも使われることが分かっています。そして多くの愛用者が最短2ヶ月程度でその変化を実感しています。毎日使うことでまつげが少しずつ変化していくことを実感することができるのではないでしょうか。

まつ毛育毛剤の成分と副作用による影響

まつ毛育毛剤の中には色々な成分が入っています。その成分が局所だけにつけばいいのですが、目の中に入ってしまった場合には眼球にもちろん影響が与えられてしまいます。しかし基本としてはそれほど心配する必要はないとのことですので、神経質に副作用については考えなくてもいいようです。

目の中に入った場合に充血するという副作用が報告されていますが水で洗い流せば特に問題はありません。またつけすぎたことによって周辺の皮膚の色素沈着も起きているようですが、色素沈着については、つけすぎなければ特に問題ありませんから1日に1滴ずつ1回つけることを守れば問題ないでしょう。

本来は副作用から生まれてきた

もともとは緑内障の治療薬として誕生した薬ですので、もともと副作用としてまつ毛が生えるという現象が起きています。そのために副作用はさらに起きないと思っている人も多いですが使い方を間違えればもちろん副作用は新たにおきますので注意して使いましょう。一番勘違いしてはいけないこと、それはつければつけるほどにまつげが生えるという製品ではないということです。つける量は同じで一定の量をつけても、2ヶ月後には誰もが変化を感じると言われていますのでつけすぎないで使用しましょう。つけすぎてしまうと先ほどのような充血や色素沈着を起こす可能性は否定できません。

自まつげを長くて濃いまつげにするためにはとても効果的ですが、使い方を間違えると副作用が現れますので注意が必要です。正しい量と部位で間違いなく使いましょう。